レオハウスの坪単価と価格

このページでは、レオハウスの坪単価と価格や値引き情報について紹介しています。

 

 

レオハウスの値段などが気になる方は是非参考にして下さい。

 

 

 

レオハウスの坪単価の相場は

レオハウスは坪当たりの単価が40万円〜と価格の安さが最大の売りになっている住宅メーカーです。

 

しかしこの坪単価は本体価格のみで、他のローコスト系の住宅メーカー同様あらゆる費用がプラスされます。

 

実際に生活できる家にするには、給排水設備、外構工事などなど別途工事が必要となり、諸費用も入れると坪45万円〜が目安になっているようですね。

 

ただし、坪単価はオプション追加や仕様変更によっては、いくらでも上下しますし、延べ床面積の違いで坪単価は変動しますので、あくまで参考程度にされておいた方がいいです。

 

ここでは、レオハウスの坪単価に関する口コミを集めました^^

 

 

 

レオハウスで新築しました。
費用は諸費用も入れると坪あたり45万円ほどでした。

 

 

レオハウスで見積りをお願いしたら、32坪で建物価格960万円という見積もりが出ました。
ただオプションが100万円、付帯工事、別途工事、諸経費、土地購入費などを含めて総額で2400万円だと言われました。
結局予算オーバーだったのでお断りしました。

 

 

 

レオハウスで新築し現在1年住んでいます。
本体価格以外に、標準外工事200万円、諸経費260万円、必要経費、消費税を含めた総額で約1650万円。
坪単価は40万円ほどです。

 

 

ローコスト系の住宅メーカーでは、坪単価が安く宣伝されていますが、総額でみるとそれほど安くなかったということはよくあります^^;

 

 

しかし給排水工事などをメーカーに頼むと高いので、地元の業者に依頼したり、照明やカーテンは自分たちで探すなどするとコストを抑えることはできます。

 

坪単価は上記をみても分かる通り、比較安いハウスメーカーだといえます。

 

 

レオハウスのDセレクトの坪単価

レオハウスの定番商品として、大人気の家「CoCo」シリーズがラインナップされていますが、CoCoシリーズにはベーシック、Vセレクト、Dセレクトの3つのグレードが用意されています。

 

ベーシック<Vセレクト<Dセレクトの順に、どんどん設備のグレードが良くなっているようです。

 

3つのグレードともに、ベタ基礎や4寸の集成材の柱、窓の数など住宅の基本的な構造は変わりませんが、若干グレードによって異なる部分もあります。

 

大きな違いとしては、最もグレードの低いベーシックとVセレクトの場合だと、屋根はスレートとなりますが、一番グレードの高いDセレクトなら、スレートのほか、ガルバリウムや瓦を選ぶことができます。

 

そして、断熱材に関してもベーシックとVセレクトの場合はグラスウールが採用されていますが、Dセレクトの場合は吹き付け断熱となっています。

 

屋根や断熱材以外にも、選択するグレードによってキッチンやトイレなどの設備に関して、選べるメーカーが異なってきます。

 

そのため、最初から断熱材は吹き付け断熱を希望していたり、屋根は絶対に瓦が良いという場合は、グレード選びに迷うのではなく、必然的にDセレクトという選択になると思いますが、一番グレードが高いということで坪単価はどれぐらいなのでしょうか。

 

大人気の家CoCoの坪単価としては、45万〜60万円程度が相場とされていますが、実際にDセレクトで見積りを取られた方や建築された方々の坪単価を調べてみました。

 

 

「大人気の家CoCoのDセレクト仕様で見積りを取ったことがあります。
延べ床面積34坪で1,890万円ほどの見積り額でした。」

 

 

「施工面積40坪、Dセレクト、若干の値引きがあり2,000万円ほどで契約しました。」

 

 

「CoCoのDセレクト、延べ床37坪、値引きを含めた建物価格で1,500万円ほどの見積りでした。
このほか、付帯工事費や造成及び外構費用、省令準耐火仕様追加など、その他諸々含めると2,400万円ぐらいになりそうです。」

 

 

ちなみに、最もグレードの低いベーシックを選択し、そのベーシックに仕様の変更を付け加えていくことで、価格を抑えつつ、施主のこだわりを反映させた家を建てることもできます。

 

ただし、変更する部分が多いと、ベーシックでも結局価格が高くなってしまうため、それなら最初からDセレクトを選んでおいた方がお得な場合もあるようですから、このあたりは注意が必要です。

 

また、基本的にCoCoシリーズではベーシック、Vセレクト、Dセレクトの3つのグレードのみとされていますが、Pセレクトというグレードも存在するようです。

 

カタログには書かれていないため、レギュラーな扱いではないものの、必要に応じて営業マンがこの最上級グレードとなるPセレクトを勧めてくることもあるようです。

 

 

レオハウスの二世帯の価格

子世帯と親世帯が一つ屋根のしたで暮らす二世帯住宅。

 

二世帯住宅で建てる場合は、ある程度の床面積が必要になってきますし、設備を全て2つずつ設ける場合は建築費用は高くなり、二世帯住宅で建てたいけれど、予算オーバーしてしまう…といったケースも少なくないようです。

 

二世帯住宅の建築費用を抑えるには、同居型や部分共用型の二世帯で建てるといった選択もありますが、建築会社をローコスト系の住宅メーカーにお願いするといった選択肢もあります。

 

レオハウスはローコスト系の住宅メーカーで、低価格帯を実現されており二世帯住宅にも対応されています。

 

坪単価が安いだけではなく、標準仕様が充実しているといった評判もあり、レオハウスで二世帯住宅を建てる場合の価格が気になるところです。

 

そこで、レオハウスの二世帯で建てる場合の価格帯を調べてみたところ、以下のような口コミを見つけましたのでいくつか紹介します。

 

 

 

 

「レオハウスさんで二世帯住宅を建てました。

 

1階部分→リビング、洋室×2、和室×2、トイレ、お風呂、2階部分→リビング、洋室×3、トイレ、お風呂です。

 

床面積65坪で約2500万円ぐらいでした。」

 

 

 

 

 

「総二世帯住宅をレオハウスさんにお願いしています。総床面積約53坪、施工面積約56坪で約3080万円ぐらいです。」

 

 

 

「レオハウスで、水廻りを各フロア別々に2つずつ付け、51坪、税込価格2150万円ほどでした。 」

 

 

※二世帯住宅の価格はどのような二世帯のスタイルで建てるのか?や設備はどうするのか?などによっても異なってきますので、価格に関する口コミは参考程度にされて下さい。

 

レオハウスの値引き額や交渉方法

レオハウスでは値引きが行われているのでしょうか。

 

ここでは、レオハウスの値引きに関する口コミを集めました^^

 

 

値引きはありませんでしたが、キャンペーン中でサービスがありました。
省令準耐火キャンペーン中に次世代高断熱をサービスしてもらいました。

 

 

値引きは一切無しですね。

 

 

レオハウスで建てましたが、値引きはありませんでした。
値引きのかわりに多少のサービスはありました。

 

 

 

基本的にローコスト系の住宅メーカーでは値引きがないと言われていますが、レオハウスも他のメーカー同様、値引きはないようですね。

 

 

 

レオハウスでは値引きは期待できないと思いますが、もし値引き交渉をするならどのタイミングで行うといいのでしょうか。

 

 

 

 

値引き交渉のタイミングは契約前です。

 

 

 

 

住宅に限ったことではありませんが、印鑑を押してから値引きやサービスなんて期待できません^^;

 

 

 

そして値引き交渉の際に効果的な方法として、同価格帯の住宅メーカーで見積りを取って競合させることです。

 

 

 

レオハウスと同価格帯の住宅メーカーを複数社回って、大きさ、設備を同じような仕様にして見積もりをもらい、営業マンにまだ他社と迷っているということをアピールするのです。

 

 

 

値引きは期待できなくても、客を逃さないように何かしらサービスの提案されるはずです。

 

 

 

もともとローコスト住宅に値引きは期待できませんから、サービスの上乗せを狙うといいですよ。

 

 

 

ただし、家は建ててからもアフターなどで長い付き合にになりますから、強引な交渉はやめておいた方がいいです。

 

 

 

いろんなローコストメーカーの費用を比較するには、下記の「タウンライフ家づくり」が便利です。

 

 

無料で各ハウスメーカーの支払総額表や間取りプランがもらえます。

 

 

値引き交渉にも役立つ資料となりますよ。他社はこれぐらいで建てれますよと、営業マンに交渉がしやすくなります。

 

 

また、いろんな会社の間取りももらえるので、参考になるのでおススメです。

 

 

タウンライフで資料請求するのに向いている人

 

●レオハウスやその他ハウスメーカーの間取りプランや総額表が欲しい

 

●気になるハウスメーカーはあるけれど、展示場に行くのは面倒。。

 

●まだ何も考えてないが、とりあえず資料がほしい

 

●値引き交渉に使いたいので、他ハウスメーカーの総額表もほしい
etc...

 

「タウンライフ家づくり」では、それが可能です。1度の入力(約2〜3分)で、各ハウスメーカーの資料請求が無料できるため、忙しい方にも人気のサービスです。

 

 

本日現在、累計112万人の方に利用されているのも信頼の証ですね

 

さらに、今なら、「成功する家づくり7つの法則」の小冊子も貰えます

 

下記のボタンで公式ページへ移動します↓

page top